同窓会会則

第1条

本会は、訓原中学校同窓会と称し事務所を訓原中学校に置き、会員相互の親睦向上を図り、母校の発展に貢献するのが目的である。

第2条

本会は、訓原中学校卒業生を会員とし、現職員及び前職員を特別会員とする。会長は、本会の功労者を名誉会員として推薦することができる。

第3条

本会に次の役員を置く。

会   長 1 名 総会で会員から選出する。
副 会 長 2 名 会長より委嘱する。
会   計 1 名 会長より委嘱する。
会計監査  1 名 会長より委嘱する。
理   事 若干名 会長より委嘱する。
幹   事 若干名 年度別卒業生から互選する。

第4条

役員の任務は次の通りである。
会長は会務を統括し、本会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその任務を代行する。
会計は本会の経理を記録し、総会には会計監査、幹事会の監査を経た決算報告をする。
会計監査は会計を監査し、その結果を総会に報告する。
理事は本会の企画運営にあたる。
幹事は会長の命を受け重要な会務を審議し、会員との連絡にあたる。

第5条

本会の役員の任期は2年とし、欠員を生じた時は補充する。

第6条

本会は毎年1回定期総会を開催し、必要に応じた臨時総会、役員会を開くことができる。

第7条

定期総会に附議する事項は、次の通りである。
1.事業計画並びに報告
2.予算、決算の承認
3.役員の改選
4.本規定の改廃
5.その他必要事項

第8条

総会に附議した事項は、出席者の3分の2以上の同意により成立する。

第9条

本会の経費は会費および寄付金その他の収入をあてる。但し、必要に応じて臨時費を徴収することがある。

第10条

本会の会費として、卒業と同時に500円納め、終身会員とする。

第11条

本会の会員は住所、氏名の移動を本会に報告する。

附則

この会則は、昭和55年3月19日より施行する。
この会則は平成30年4月1日より施行する。

PAGE TOP